トッフ画像

シワも気になる たるみも気になる もちろん肌に潤いも与えたい!

■年齢を重ねるごとに急に広がる肌トラブル
肌の潤い感が無くなってくるのを実感として強く感じるのが30代です。さらに保湿力が減少してくるとともに追い打ちをかけるようにシワやたるみも気になり始めます。
今までは、保湿ケアを重点的にやっていればよかったのに、アンチエイジングも気になってきたらシワやたるみものケアもしないと!
でも、今までの保湿ケアと同時にアンチエイジングケアもするとなると、手間も増えるし、余計に化粧品代もかかります。
そこでおすすめなのが、アンチエイジングもできる保湿化粧品です

アンチエイジングもできる保湿化粧品 アヤナス

肌に潤いとハリ・弾力を与える

■ポーラ・オルビスのアヤナス
アンチエイジングケアと保湿ケアのできる化粧品はアヤナスシリーズです。アヤナスはポーラとオルビスの共同開発で生まれた化粧品ブランド。特に乾燥肌・敏感肌に特化した専門ブランドです。
その中でもアヤナスシリーズは、アンチエイジング効果を謳った商品。
保湿成分として最も効果の高いセラミドを配合。肌の外部と角層の奥で潤いを満たします。さらにアンチエイジング成分としてコラーゲンに働きかける独自成分「アルギネート」を配合。たるみ、シワもコラーゲンの減少が原因なので、効果が期待できます。

保湿ケアとアンチエイジングケア 両立できるものなの?

■保湿ケアとアンチエイジングが一度のケアで?
保湿には肌の潤いを満たす保湿化粧品。アンチエイジングには、肌のハリや弾力を戻すアンチエイジング化粧品。ほとんどの化粧品は別のラインとして化粧品を出しています。
保湿ケアとアンチエイジングは両立できるものなのでしょうか?
■保湿ケアは角層に アンチエイジングケアは真皮に
保湿ケアは保湿成分を角層の内側に届けることが1番効果が高いです。肌の保湿機能は角層の細胞間脂質という部分で行われているので、そこに減少した保湿成分を補うことが最も効果的です。
アンチエイジングケアは、角層より奥の真皮の中のコラーゲンに働きかけることが効果的。化粧品のコラーゲンは真皮までは届かないので、コラーゲンを生成する働きを助ける成分が有効です。
このように、保湿ケアとアンチエイジングケアは働きかける部位は違うので、両立ができるものなのです。
アヤナスは保湿成分とアンチエイジング成分を配合

アヤナスは保湿成分とアンチエイジング成分の両方を配合しているので、アンチエイジングのできる保湿化粧品なんです。さらに敏感肌用に作られたブランドなので、肌が弱い人ならさらにオススメ!
もし、自分に合わないなと思ったら、30日以内なら開封して使用してても返品OK!試してみるにあたって、限りなくリスクを除いているので試さない理由はありませんね。
特に30代から40代にかけては保湿成分もぐんと減少してきます。これは目元のしわや頬の毛穴、ほうれい線、あごのたるみなど年齢肌の現象を増幅させる原因にもなります。保湿ケアは保湿クリーム、エイジングケアはそれをケアするための高級美容液というイメージもあるかもしれませんが、ディセンシアのアヤナスはそれが一度にできるのがすごいところ!

  • 30代、40代で肌のたるみやしわなどに悩んでいる
  • 敏感肌なので、効果のありそうな化粧品を使うのにためらいがある
  • 敏感肌に加えて乾燥肌でもあるので、保湿ケアもしっかりしたい
これがに当てはまる人は、まさにディセンシアのアヤナスがぴったり!トライアルセットもチェックしてみましょう!

■保湿化粧品とアンチエイジングケア

30代、40代になると保湿と同時にアンチエイジングのケアもしていることがスキンケアの基本的な考え方になります。いわゆるSST(シミ、シワ、たるみ)などの年齢別のケアは原因はコラーゲンの減少や、紫外線の蓄積などですが、肌の保湿力が無いとそのエイジングの症状がより進行しやすくなります。エイジングケアの代表的な症状としては、ほほのたるみ、ほうれい線、目元のシワ、笑いジワなど色々ありますが、結局は肌の弾力が減っていること。ビタミンCなどをお肌に届けて線維芽細胞に働き変えるケアが大切。肌に潤いを与える保湿成分、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンを含みつつ、しわやたるみにも働き変える保湿アンチエイジング化粧品を使いましょう。敏感肌だと、やさしさ優先でアンチエイジング効果が期待できたいという悩みを意外と多いもの。敏感肌の人はキレイになる可能性が閉じられている気にもなりますが、そんなことはあり得ません!しっかりと効果も実感できるアンチエイジングと保湿効果もしっかり実感できる!それが大事なことですよね。

40代 セラミド化粧品ならアンチエイジング効果も。